難聴 > 目眩 > 原因の究明方法 > 聴覚の検査 難聴.COM サイトマップ
サイトより皆様へ
耳の症状
メマイ予防
 ・メマイの克服の3つのポイント
 ・メマイ改善の生活習慣20の注意
 ・メマイ改善に四股(しこ)踏み
メマイ治療法
 ・メマイ急性期の治療方法
 ・メマイ慢性期の治療方法
 ・カクテル療法(薬物療法)
 ・中耳腔注入療法
 ・水性ステロイド剤
 ・イチョウ葉エキスで血栓予防
耳の症状
問診について
 ・問診の重要性
 ・問診で何をするのか?
 ・問診で具体的に調べる3ポイント
 ・問診の5つ手順(チェックポイント)
検査について
 ・様々な眩暈(めまい)の検査
 ・目の平衡機能の検査
 ・目の特殊な機能検査
 ・身体の平衡障害の検査
 ・聴覚の検査
   @オージオメーター検査
   A聴性誘発反応(ABR)検査
 ・耳鳴りの検査
耳の症状
耳からくるメマイの病気
 ・メニエール病 ・突発性難聴
 ・特定の姿勢で起こるめまい
 ・良性頭位眩暈症 ・前庭神経炎
 ・中耳炎の難聴合併症の内耳炎
 ・聴神経腫瘍 ・職業性難聴
 ・運動障害:メマイに付随し発現
 ・難聴・めまい・耳鳴りの同時発現
脳からくるメマイの病気
 ・低血圧 ・高血圧 ・動脈硬化症
 ・一過性脳虚血発作
 ・脳出血
   @小脳出血 A橋出血
   Bくも膜下出血(脳動脈瘤)
 ・脳梗塞 ・脳腫瘍
 ・椎骨脳底動脈循環不全
 ・悪性発作性頭位眩暈症
 ・仮性良性発作性頭位眩暈症
 ・頭部外傷 ・むち打ち症
 ・脊髄小脳変性症
 ・仮性ダンディ症候
 ・中脳水道周辺症候群
 ・薬物やアルコールの影響
子どもの目眩(めまい)
 ・子どものめまいの実際
 ・先天性眼振:無意識に目が動く
 ・起立性循環調節障害(脳貧血)
 ・心因(精神)性のメマイ
 ・有機溶剤中毒(シンナー中毒)
耳の基礎知識

 ・身体のバランス調節器官
 ・平衡系の神経回路
前庭迷路(平衡感覚器官

 @三半規管と耳石器から構成
 A耳石器とは
 B伝達経路と特徴
前庭小脳の働き
 @めまい発生のカギ
 A「酔い」感覚を操作

耳の症状
 ・5種類のめまい
 ・めまいの種類から性質を探る
 ・めまい克服と適切な医師の選択
 ・深刻なめまいの苦しみ
 ・めまいの現状:急増中
 ・めまい病と言えばメニエール病
 ・めまいは生命の危険信号
 ・「目眩(めまい)」とは一体何?
 ・乗り物酔いはめまいの類似病
耳の基礎知識
 ・乗り物酔いの予防策
 ・問診に不可欠な知識と臨床経験
 ・聴覚機能の重要性
 ・先天性難聴の発見は一歳まで
 ・メニエール病の知名度の呪縛
 ・毛染め液もメマイ発作の一因
目眩(めまい)と加齢

 ・めまい症状と加齢の関係性
 ・メニエール病の初発の高齢者
 ・めまいも起こす頸椎の老化
 ・難聴の二つのタイプ
目眩(めまい)のコラム
 ・乗り物酔いの対処法
 ・耳科医メニエールの歴史
 ・問診の重要性(荻野久作先生)
 ・平衡感覚の発育過程(-幼児期)

聴覚の検査A聴性誘発反応(ABR)検査

- 目眩(めまい)原因の究明方法(検査)

突発性難聴

 オージオメーター検査は、「聞こえる」「聞こえない」を患者さん自身に返事してもらい、聴力を判定する方法です。この場合、それを答えられない乳児や寝たきりの高齢者には使えません。そこで、音を耳に入れたときに現れる脳波を調べる方法が開発されました。これを聴性脳幹反応(ABR:Auditory Brain Response)と言います。
 通常、聴性脳幹反応では、10マイクロ秒の分析時間内に、7つのピークから成る脳波の連続波形が得られます。その7つのピークを、反応の速い順からウェーブ1〜7とします。このうち、1〜5は脳幹に起源を持つと考えられており、1は第8神経(聞かせた耳と同じ側)、2は蝸牛神経核(同じ側)、3は上オリーブ核(反対側)、4は外側毛帯核(両側)、5は下丘(かきゅう)(反対側)に由来すると言われています。ウェーブ6、7については不明です。したがって、これらの波の出方を見ることで、障害部位を推定することができます。
 聴性脳幹反応には次のような特徴があります。

@睡眠の深さの変化には影響を受けない。ただし、深い麻酔には影響され、音を聞かせてから脳はが変化するまでの時間が少し長くなる。

A新生児・乳児では、成人に比べて各波が現れるまでの時間が長く、波の形も分離が悪くなる。その時間は発育とともに短くなり、約2歳で成人と同等の反応を得られるようになる。

 こうした特徴を活かして、聴性脳幹反応は乳幼児や詐聴(難聴ではないのに聞こえないと訴えるもの)、ヒステリー性難聴などの聴力検査にも使われています。さらに最近では、神経の疾患、とくに脳幹障害の診断にも応用されています。この神経疾患については、次のような診断が聴性脳幹反応によって可能となります。

@脳幹の変性がどの部分に起こっているのか

A腫瘍や血管障害による聴神経路の障害が、末梢(まっしょう)、延髄、橋、中脳、視床のうち、どこにあるのか。

B昏睡状態のとき、その昏睡が代謝性か器質的変化によるものかを鑑別。

 また、聴性脳幹反応は腫瘍や挫傷、変性、炎症などの進行具合や治療のモニターとしても使うことができます。

≫次の記事「耳鳴りの検査」へ

◇「原因の究明方法(検査)」記事一覧◇

難聴

☆このページに関連する病名☆
 ・良性発作性頭位めまい症
 ・メニエール病
 ・前庭神経炎   ・内耳炎
 ・突発性難聴   ・老人性難聴
 ・ロック難聴(ディスコ難聴)
 ・耳鳴り(耳鳴がする)
☆めまい症状に関連する記事☆
 ・めまいがする
 ・ふらつく、よろめく
 ・難聴[重度:聞こえない]
 ・難聴[軽度:聞こえにくい]
 ・耳鳴り[耳鳴(じめい)]がする
外耳 外耳道炎外耳道湿疹外耳道真菌症耳垢栓塞耳介軟骨膜炎耳性帯状疱疹
鼓膜 鼓膜炎外傷性鼓膜穿孔
耳管 耳管狭窄症耳管開放症
 ・内耳炎   ・メニエール病
 ・突発性難聴 ・ロック難聴
 ・前庭神経炎  ・老人性難聴
 ・良性発作性頭位めまい症
 ・耳鳴り(耳鳴がする)
 ・顔面神経マヒ ・聴神経腫瘍
 ・脳梗塞 ・レルモワイエ症候群
 ・耳科の癌(がん)[悪性腫瘍]
子どもによく見られる病気
 ・急性中耳炎 ・滲出性中耳炎
 ・難治性・反復性中耳炎
 ・幼児難聴 ・新生児上顎洞炎
☆よく読まれている記事☆
 ・難聴[重度:聞こえない]
 ・難聴[軽度:聞こえにくい]
 ・耳鳴り[耳鳴(じめい)]がする
 ・めまい、 ・ふらつく、よろめく
☆耳の基礎知識☆
 ・耳の仕組み・働き ・耳の検査
 ・音の聞こえる仕組み
☆耳の特集記事☆
 ・手術が必要な中耳炎
 ・補聴器 ・補聴器の快適な使用法
 ・人工内耳 ・人工中耳
◆中耳炎の各概要◆
 ・急性中耳炎 ・滲出性中耳炎
 ・慢性中耳炎
◆中耳炎と誤りやすい病気◆

 @耳痛 A耳漏 B難聴
★目眩(めまい)のQ&A★
 ・主訴:身体がいつもユラユラ揺れる感じがする
 ・主訴:四歳の女児がメマイを訴えているのですが…
 ・主訴:「メニエール病」と診断されたが、耳鳴りや難聴が現れないが…
 ・主訴:首を回すとメマイが起こるのだが…
 ・主訴:メニエール病を克服したいのだが…

RSS

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

花粉症.COM
花粉症・花粉に係る鼻炎などの対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
hanamiju.com/kafun
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・