難聴 > 目眩 > 治療・予防方法 > メマイ急性期の治療方法 難聴.COM サイトマップ
サイトより皆様へ
耳の症状
メマイ予防
 ・メマイの克服の3つのポイント
 ・メマイ改善の生活習慣20の注意
 ・メマイ改善に四股(しこ)踏み
メマイ治療法
 ・メマイ急性期の治療方法
 ・メマイ慢性期の治療方法
 ・カクテル療法(薬物療法)
 ・中耳腔注入療法
 ・水性ステロイド剤
 ・イチョウ葉エキスで血栓予防
耳の症状
問診について
 ・問診の重要性
 ・問診で何をするのか?
 ・問診で具体的に調べる3ポイント
 ・問診の5つ手順(チェックポイント)
検査について
 ・様々な眩暈(めまい)の検査
 ・目の平衡機能の検査
 ・目の特殊な機能検査
 ・身体の平衡障害の検査
 ・聴覚の検査
   @オージオメーター検査
   A聴性誘発反応(ABR)検査
 ・耳鳴りの検査
耳の症状
耳からくるメマイの病気
 ・メニエール病 ・突発性難聴
 ・特定の姿勢で起こるめまい
 ・良性頭位眩暈症 ・前庭神経炎
 ・中耳炎の難聴合併症の内耳炎
 ・聴神経腫瘍 ・職業性難聴
 ・運動障害:メマイに付随し発現
 ・難聴・めまい・耳鳴りの同時発現
脳からくるメマイの病気
 ・低血圧 ・高血圧 ・動脈硬化症
 ・一過性脳虚血発作
 ・脳出血
   @小脳出血 A橋出血
   Bくも膜下出血(脳動脈瘤)
 ・脳梗塞 ・脳腫瘍
 ・椎骨脳底動脈循環不全
 ・悪性発作性頭位眩暈症
 ・仮性良性発作性頭位眩暈症
 ・頭部外傷 ・むち打ち症
 ・脊髄小脳変性症
 ・仮性ダンディ症候
 ・中脳水道周辺症候群
 ・薬物やアルコールの影響
子どもの目眩(めまい)
 ・子どものめまいの実際
 ・先天性眼振:無意識に目が動く
 ・起立性循環調節障害(脳貧血)
 ・心因(精神)性のメマイ
 ・有機溶剤中毒(シンナー中毒)
耳の基礎知識

 ・身体のバランス調節器官
 ・平衡系の神経回路
前庭迷路(平衡感覚器官

 @三半規管と耳石器から構成
 A耳石器とは
 B伝達経路と特徴
前庭小脳の働き
 @めまい発生のカギ
 A「酔い」感覚を操作

耳の症状
 ・5種類のめまい
 ・めまいの種類から性質を探る
 ・めまい克服と適切な医師の選択
 ・深刻なめまいの苦しみ
 ・めまいの現状:急増中
 ・めまい病と言えばメニエール病
 ・めまいは生命の危険信号
 ・「目眩(めまい)」とは一体何?
 ・乗り物酔いはめまいの類似病
耳の基礎知識
 ・乗り物酔いの予防策
 ・問診に不可欠な知識と臨床経験
 ・聴覚機能の重要性
 ・先天性難聴の発見は一歳まで
 ・メニエール病の知名度の呪縛
 ・毛染め液もメマイ発作の一因
目眩(めまい)と加齢

 ・めまい症状と加齢の関係性
 ・メニエール病の初発の高齢者
 ・めまいも起こす頸椎の老化
 ・難聴の二つのタイプ
目眩(めまい)のコラム
 ・乗り物酔いの対処法
 ・耳科医メニエールの歴史
 ・問診の重要性(荻野久作先生)
 ・平衡感覚の発育過程(-幼児期)

メマイ急性期の治療方法

- 目眩(めまい)の治療・予防方法

突発性難聴

 メマイの急患が運び込まれたら、医師はまず目を診ます。原因が内耳にあっても小脳にあっても、最初は右向き、あるいは左向きに眼振(がんしん:眼球が一定の方向に急速に動いてからゆっくりと元の位置に戻る動き)が生じます。
 眼振は、一方的にゆっくりと向かい、スッと戻ります。そのスッと戻る方の外耳道に冷水を注入すると、メマイと眼振は止まります。たとえば、スッと戻るのが右向きの場合、右耳に冷水(3〜4℃、20ミリリットル)を注ぎます。すると、めまいや眼振が左に誘発され、差し引きで眼振が止まるのです。
 一方、喉頭蓋窩(こうずがいか)を中心として生じる障害の場合には、上下に振れる垂直性の眼振を起こします。このとき下向きに振れるなら左右両方の外耳道に同時に温水(約50℃)を上向きのときには冷水を注入します。この応急処置の作用時間は、わずか10〜15分間ほどです。とはいえ、患者さんや家族の安堵感(あんどかん)は大変なもので、医師に対して絶大な信頼感が生まれます。メマイが止まっている間に、すばやく要点を問診できるメリットもあります。また、次の治療を行い、効果が出てくるまでの時間稼ぎにもなります。
 一般に、内耳や前庭神経の疾患では、抗ヒスタミン剤、フェノチアジン系薬物、スコポラミンや吐き気止めなどが有効です。100〜250ミリリットルの7パーセントの重曹水の静脈注射するという治療法も良く効きます。ただし、腎臓の機能が低下している患者さんには、全体に行ってはいけません。
 鎮静剤や催眠剤も、心身の安静を保つうえで効果があります。なにより大切なことは、患者さんに生命に別状のないことをよく説明させて安心させることが大事です。

メマイ急性期

脳に起因する場合は静脈注射も効果的

 脳からくるメマイの場合、とくに血栓症(けっせんしょう)や塞栓症などの脳梗塞(のうこうそく)では、低分子デキストランにウロキナーゼという薬剤を加えた静脈注射が効果的です。この薬には、血管に詰まった血の塊(血栓)を溶かす働きがあります。脳出血の場合には、止血剤や痙攣(けいれん)を鎮める薬を使います。重症な患者さんには、5パーセントの炭酸ガスを混ぜた酸素吸入も必要です。
 脳幹網様体(のうかんもうようたい)の働きを助けるために、CDPコリンや塩酸メクロフェノキサート製剤の静脈注射も有効です。脳幹網様体とは、脳幹の一部であり、筋の緊張的運動や、意識・覚醒などに関係している器官です。
 また、血圧に異常が見られる時には、高圧剤や昇圧剤も必要になります。ただし、これらを使う場合には、慎重な診断が必要です。

 

◇「目眩(めまい)の治療・予防方法」記事一覧◇

難聴

☆このページに関連する病名☆
 ・良性発作性頭位めまい症
 ・メニエール病
 ・前庭神経炎   ・内耳炎
 ・突発性難聴   ・老人性難聴
 ・ロック難聴(ディスコ難聴)
 ・耳鳴り(耳鳴がする)
☆めまい症状に関連する記事☆
 ・めまいがする
 ・ふらつく、よろめく
 ・難聴[重度:聞こえない]
 ・難聴[軽度:聞こえにくい]
 ・耳鳴り[耳鳴(じめい)]がする
外耳 外耳道炎外耳道湿疹外耳道真菌症耳垢栓塞耳介軟骨膜炎耳性帯状疱疹
鼓膜 鼓膜炎外傷性鼓膜穿孔
耳管 耳管狭窄症耳管開放症
 ・内耳炎   ・メニエール病
 ・突発性難聴 ・ロック難聴
 ・前庭神経炎  ・老人性難聴
 ・良性発作性頭位めまい症
 ・耳鳴り(耳鳴がする)
 ・顔面神経マヒ ・聴神経腫瘍
 ・脳梗塞 ・レルモワイエ症候群
 ・耳科の癌(がん)[悪性腫瘍]
子どもによく見られる病気
 ・急性中耳炎 ・滲出性中耳炎
 ・難治性・反復性中耳炎
 ・幼児難聴 ・新生児上顎洞炎
☆よく読まれている記事☆
 ・難聴[重度:聞こえない]
 ・難聴[軽度:聞こえにくい]
 ・耳鳴り[耳鳴(じめい)]がする
 ・めまい、 ・ふらつく、よろめく
☆耳の基礎知識☆
 ・耳の仕組み・働き ・耳の検査
 ・音の聞こえる仕組み
☆耳の特集記事☆
 ・手術が必要な中耳炎
 ・補聴器 ・補聴器の快適な使用法
 ・人工内耳 ・人工中耳
◆中耳炎の各概要◆
 ・急性中耳炎 ・滲出性中耳炎
 ・慢性中耳炎
◆中耳炎と誤りやすい病気◆

 @耳痛 A耳漏 B難聴
★目眩(めまい)のQ&A★
 ・主訴:身体がいつもユラユラ揺れる感じがする
 ・主訴:四歳の女児がメマイを訴えているのですが…
 ・主訴:「メニエール病」と診断されたが、耳鳴りや難聴が現れないが…
 ・主訴:首を回すとメマイが起こるのだが…
 ・主訴:メニエール病を克服したいのだが…

RSS

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

花粉症.COM
花粉症・花粉に係る鼻炎などの対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
hanamiju.com/kafun
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・