トップページ 耳の病気 > メニエール病C治療・療法@ 難聴.COM サイトマップ
サイトより皆様へ
耳の症状
 ・難聴[重度:聞こえない]
 ・難聴[軽度:聞こえにくい]
 ・耳鳴り[耳鳴(じめい)]がする
 ・めまいがする
 ・ふらつく、よろめく
 ・耳が痛い
 ・耳垂れがする
 ・耳から血が出る
 ・耳が腫れる
 ・耳がかゆい
耳の病気
外耳の病気 [外耳道炎外耳道湿疹外耳道真菌症耳垢栓塞耳介軟骨膜炎耳性帯状疱疹
鼓膜の病気 [鼓膜炎外傷性鼓膜穿孔
急性中耳炎 [急性化膿性中耳炎滲出性中耳炎
慢性中耳炎 [穿孔性中耳炎癒着性中耳炎真珠腫性中耳炎
耳管の病気 [耳管狭窄症耳管開放症
 ・内耳炎
 ・メニエール病
 ・突発性難聴
 ・ロック難聴(ディスコ難聴)
 ・前庭神経炎
 ・良性発作性頭位めまい症
 ・老人性難聴
 ・耳鳴り(耳鳴がする)
 ・顔面神経マヒ
 ・聴神経腫瘍
 ・脳梗塞(のうこうそく)
 ・レルモワイエ症候群
 ・耳科の癌(がん)[悪性腫瘍]
耳の基礎知識
 ・急性中耳炎(子ども)
 ・滲出性中耳炎(子ども)
 ・難治性・反復性中耳炎
 ・幼児難聴(子ども)
 ・新生児上顎洞炎(子ども)

 ・細菌感染で中耳炎が起こる
 ・小児難聴原因:出性中耳炎
 ・幼児性難聴と発音異常の原因
 ・幼児性難聴と言葉発達の関係

メマイを伴なう症状(子ども)
 ・子どものめまいの実際
 ・先天性眼振:無意識に目が動く
 ・起立性循環調節障害(脳貧血)
 ・心因(精神)性のメマイ
 ・有機溶剤中毒(シンナー中毒)
耳の基礎知識
 ・耳の仕組み・働き
 ・耳の検査
 ・音の聞こえる仕組み
耳の特集

 ・補聴器について
 ・補聴器の快適な使用法について
 ・補聴器を使う前に留意すること
 ・人工内耳について
 ・人工中耳について
 ・手術が必要な中耳炎について


難聴と言語障害
 ・言葉の遅れと難聴について
 ・失語症と失声症
耳の基礎知識
メマイを伴なう耳の病気
 ・メニエール病の歴史
 ・人気歌手も苦しむ突発性難聴
 ・特定の姿勢で起こるめまい
 ・低血圧時の良性頭位眩暈症
 ・激しいめまいの前庭神経炎
 ・中耳炎の難聴合併症の内耳炎
 ・前庭神経にできる聴神経腫瘍
 ・職業性難聴の2つの障害
メマイと加齢
 ・めまい症状と加齢の関係性
 ・メニエール病の初発の高齢者
 ・めまいも起こす頸椎の老化
 ・難聴の二つのタイプ
耳のコラム
 ・お医者さんの道具・額帯鏡
 ・硬い耳垢(あか)と軟らかい耳垢
 ・ゴッホと耳鳴り
 ・ベートヴェンと難聴
 ・乗り物酔いの対処法
 ・耳科医メニエールの歴史
 ・小林一茶と耳鳴り

メニエール病C治療・療法@

- 耳の病気


治療@ 急性期

発作を起こしたらまず安静。薬でめまいや嘔吐を抑える

 めまい発作が起こったときは、安静を保つことが最も重要です。そのうえで、めまいを抑える「抗めまい薬」、吐き気や嘔吐を抑える「制吐薬」、神経の興奮を鎮める「精神安定剤」などを用います。
 ただし、めまい発作には吐き気や嘔吐を伴うことが多く、その場合は内服できないので、注射や点滴を行います。また、嘔吐がひどい場合は、脱水症状を起こすおそれがあるため、輸液によって水分と電解質を補給します。
 これらの治療は入院して行いますが、長い人では1週間程度入院します。

難聴

治療A 寛解期

薬を飲むのと併せて、生活改善や心理療法を行う

  めまい発作が治まっている寛解期には、薬物療法や生活指導、心理療法などの保存的療法を行います。保存的療法では効果がないときには、手術療法を行う場合があります。

  • 薬物療法

 主に次のような薬が用いられます。

めまい発作を抑える・・・吐き気や嘔吐を抑える「制吐薬」や、神経の興奮を抑える「精神安定剤」などを用います。

内リンパ水腫の改善・・・体の水分を減らして、蝸牛管に、内リンパ液がたまるのを防ぐために「利尿薬」が使われます。また、内リンパ液の量を増やさないために、減塩食で塩分の摂取量を減らしたり、水分の摂取を控えたりする場合もあります。

内耳の循環改善・・・音をキャッチする蝸牛の感覚細胞や、音を脳に伝える蝸牛神経の働きをよくするために、内耳の血液循環をよくする「循環改善薬」を用います。

自律神経の乱れを改善・・・精神的、肉体的ストレスによる自律神経の乱れが、メニエール病の原因の1つなると考えられています。そこで、自律神経の乱れを抑えるために「自律神経作用薬」を使います。

難聴

  • 生活指導、心理療法

  メニエール病は、ストレスと密接な関係がありますから、薬物療法を行う一方で、ストレスを取り除くための生活指導や心理療法なども行われます。心理療法では、専門のカウンセラーが、患者さんの抱えている悩みや葛藤などを聞き、心理検査の結果を参考にその対処法を指導することで、ストレスからの解放を図ります。また、対人関係の改善や生活習慣の改善など、ストレスを避けるための生活についても、アドバイスが行われます。
 なお、難聴が進行している場合は、保存的療法でめまいが改善されても、難聴と耳鳴りが後遺症として残ることがあります。

難聴

 

◇「メニエール病」についての記事一覧◇

難聴

◆関連する主な病名◆

◆他に役に立つおススメ記事◆



☆耳の基礎知識☆
 ・耳の仕組み・働き
 ・耳の検査
 ・音の聞こえる仕組み

☆耳の特集記事☆

 ・手術が必要な中耳炎について
 ・補聴器について
 ・補聴器の快適な使用法について
 ・人工内耳について
 ・人工中耳について
☆よく読まれている記事☆
 ・難聴[重度:聞こえない]
 ・難聴[軽度:聞こえにくい]
 ・耳鳴り[耳鳴(じめい)]がする
 ・めまい、 ・ふらつく、よろめく

 ・メニエール病
 ・突発性難聴、 老人性難聴
 ・ロック難聴(ディスコ難聴)
 ・良性発作性頭位めまい症
 ・耳鳴り(耳鳴がする)



RSS

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

花粉症.COM
花粉症・花粉に係る鼻炎などの対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
hanamiju.com/kafun
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・