トップページ 耳の病気 > 穿孔性中耳炎(慢性中耳炎) 難聴.COM サイトマップ
サイトより皆様へ
耳の症状
 ・難聴[重度:聞こえない]
 ・難聴[軽度:聞こえにくい]
 ・耳鳴り[耳鳴(じめい)]がする
 ・めまいがする
 ・ふらつく、よろめく
 ・耳が痛い
 ・耳垂れがする
 ・耳から血が出る
 ・耳が腫れる
 ・耳がかゆい
耳の病気
外耳の病気 [外耳道炎外耳道湿疹外耳道真菌症耳垢栓塞耳介軟骨膜炎耳性帯状疱疹
鼓膜の病気 [鼓膜炎外傷性鼓膜穿孔
急性中耳炎 [急性化膿性中耳炎滲出性中耳炎
慢性中耳炎 [穿孔性中耳炎癒着性中耳炎真珠腫性中耳炎
耳管の病気 [耳管狭窄症耳管開放症
 ・内耳炎
 ・メニエール病
 ・突発性難聴
 ・ロック難聴(ディスコ難聴)
 ・前庭神経炎
 ・良性発作性頭位めまい症
 ・老人性難聴
 ・耳鳴り(耳鳴がする)
 ・顔面神経マヒ
 ・聴神経腫瘍
 ・脳梗塞(のうこうそく)
 ・レルモワイエ症候群
 ・耳科の癌(がん)[悪性腫瘍]
耳の基礎知識
 ・急性中耳炎(子ども)
 ・滲出性中耳炎(子ども)
 ・難治性・反復性中耳炎
 ・幼児難聴(子ども)
 ・新生児上顎洞炎(子ども)

 ・細菌感染で中耳炎が起こる
 ・小児難聴原因:出性中耳炎
 ・幼児性難聴と発音異常の原因
 ・幼児性難聴と言葉発達の関係

メマイを伴なう症状(子ども)
 ・子どものめまいの実際
 ・先天性眼振:無意識に目が動く
 ・起立性循環調節障害(脳貧血)
 ・心因(精神)性のメマイ
 ・有機溶剤中毒(シンナー中毒)
耳の基礎知識
 ・耳の仕組み・働き
 ・耳の検査
 ・音の聞こえる仕組み
耳の特集

 ・補聴器について
 ・補聴器の快適な使用法について
 ・補聴器を使う前に留意すること
 ・人工内耳について
 ・人工中耳について
 ・手術が必要な中耳炎について


難聴と言語障害
 ・言葉の遅れと難聴について
 ・失語症と失声症
耳の基礎知識
メマイを伴なう耳の病気
 ・メニエール病の歴史
 ・人気歌手も苦しむ突発性難聴
 ・特定の姿勢で起こるめまい
 ・低血圧時の良性頭位眩暈症
 ・激しいめまいの前庭神経炎
 ・中耳炎の難聴合併症の内耳炎
 ・前庭神経にできる聴神経腫瘍
 ・職業性難聴の2つの障害
メマイと加齢
 ・めまい症状と加齢の関係性
 ・メニエール病の初発の高齢者
 ・めまいも起こす頸椎の老化
 ・難聴の二つのタイプ
耳のコラム
 ・お医者さんの道具・額帯鏡
 ・硬い耳垢(あか)と軟らかい耳垢
 ・ゴッホと耳鳴り
 ・ベートヴェンと難聴
 ・乗り物酔いの対処法
 ・耳科医メニエールの歴史
 ・小林一茶と耳鳴り

穿孔性中耳炎(せんこうせいちゅうじえん)

 

鼓膜に孔があいたままになり、難聴。耳だれが起こる

 中耳の炎症が続いて、鼓膜に孔(アナ)があいたままになってしまう病気です。急性化膿性中耳炎がひどくなると、鼓膜に孔があいて中耳から膿(ウミ)が出てきます。これが耳だれです。通常は孔はすぐに塞がるが、炎症が治りきらないと、孔が塞がらず、さらに孔から細菌が侵入して炎症を悪化させて、膿が増えます。すると、炎症により鼓膜が吸収され、ますます孔が広がって穿孔性中耳炎となります。また、滲出(シンシュツ)性中耳炎でチューブを外したあとの孔が塞がらないことがあり、適切な処置をしないと、そこから穿孔性中耳炎になることもあります。
  慢性中耳炎のなかでは最もよく見られるタイプで、一般に慢性中耳炎という場合は、穿孔性中耳炎を指します。近年では、急性化膿性中耳炎の治療が発達したおかげで、患者さんの数は減ってきており、主に中高年の人に見られる病気です。

中耳の図難聴

  • 症状

  穿孔性中耳炎では、痛みはなく、主な症状は「難聴と耳だれ」です。鼓膜に孔があいているために、音の振動が耳小骨にきちんと伝わらず、難聴が起こります。難聴の度合いは孔の大きさに比例するため、ごく小さい孔の場合には、自覚されないこともあります。

  耳だれの量には個人差があります。いつも出ているという人もいれば、かぜをひいたり洗髪したときに水が耳に入るなどして、中耳の炎症が強くなったときにだけ、耳だれを自覚するという人もいます。

難聴

鼓膜・耳小骨を手術でつくり直す

  穿孔性中耳炎を根本的に治すには、鼓膜の孔を塞ぐ手術が必要です。ただし、症状の程度によっては、保存療法も行われます。

  • 保存療法

  中耳の炎症を抑えて進行を防ぐために、抗菌薬を服用します。耳だれがひどいときには、抗菌薬を含んだ点耳薬を耳の中にたらします。これによって、鼓膜の孔はあいたままでも、耳だれがなくなることも多くあります。

  穿孔性中耳炎は、片側に起こることが多いものです。中高年の患者さんで難聴の程度が軽く、もう片方の耳に異常がない場合など、日常生活に支障がない場合には、保存療法だけで様子を見ることもあります。

  保存療法はまた、手術前に炎症を鎮め、耳の状態を安定させるためにも行われます。

  • 手術療法

  鼓膜の孔を塞ぐ「鼓膜形成術」が行われます。これは、患者さんの耳の後ろを少し切開して筋膜などを採取し、それで鼓膜の孔を塞ぐ方法です。

  鼓膜に孔が長い間あると、孔の周囲の組織が固まります(瘢痕化)。そこで、瘢痕部を少し切って新しい組織を出し、そこに筋膜を貼ると、筋膜を伝わって鼓膜の組織が伸び、孔が塞がります。筋膜はいずれ、鼓膜組織に吸収されます。

  この手術は、孔が小さい場合は、外耳道から器具を入れて行えるため、日帰りでも可能ですが、大きな孔では耳の後ろを切開して行わなければならず、約1週間の入院が必要です。

  また、鼻小骨も障害されている場合は、鼓膜形成術のあとに、耳小骨を再建する「鼓膜形成術」を行わなくてはなりません。この手術はやや複雑で、10日前後の入院が必要です。

  これらの手術によって、ほとんどの人は聴力がかなり改善されます。

 

◆関連する主な病名◆

◆他に役に立つおススメ記事◆



☆耳の基礎知識☆
 ・耳の仕組み・働き
 ・耳の検査
 ・音の聞こえる仕組み

☆耳の特集記事☆

 ・手術が必要な中耳炎について
 ・補聴器について
 ・補聴器の快適な使用法について
 ・人工内耳について
 ・人工中耳について
☆よく読まれている記事☆
 ・難聴[重度:聞こえない]
 ・難聴[軽度:聞こえにくい]
 ・耳鳴り[耳鳴(じめい)]がする
 ・めまい、 ・ふらつく、よろめく

 ・メニエール病
 ・突発性難聴、 老人性難聴
 ・ロック難聴(ディスコ難聴)
 ・良性発作性頭位めまい症
 ・耳鳴り(耳鳴がする)



RSS

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

花粉症.COM
花粉症・花粉に係る鼻炎などの対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
hanamiju.com/kafun
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・