トップページ 耳の病気 > 聴神経腫瘍B基本的な治療法・注意事項 難聴.COM サイトマップ
サイトより皆様へ
耳の症状
 ・難聴[重度:聞こえない]
 ・難聴[軽度:聞こえにくい]
 ・耳鳴り[耳鳴(じめい)]がする
 ・めまいがする
 ・ふらつく、よろめく
 ・耳が痛い
 ・耳垂れがする
 ・耳から血が出る
 ・耳が腫れる
 ・耳がかゆい
耳の病気
外耳の病気 [外耳道炎外耳道湿疹外耳道真菌症耳垢栓塞耳介軟骨膜炎耳性帯状疱疹
鼓膜の病気 [鼓膜炎外傷性鼓膜穿孔
急性中耳炎 [急性化膿性中耳炎滲出性中耳炎
慢性中耳炎 [穿孔性中耳炎癒着性中耳炎真珠腫性中耳炎
耳管の病気 [耳管狭窄症耳管開放症
 ・内耳炎
 ・メニエール病
 ・突発性難聴
 ・ロック難聴(ディスコ難聴)
 ・前庭神経炎
 ・良性発作性頭位めまい症
 ・老人性難聴
 ・耳鳴り(耳鳴がする)
 ・顔面神経マヒ
 ・聴神経腫瘍
 ・脳梗塞(のうこうそく)
 ・レルモワイエ症候群
 ・耳科の癌(がん)[悪性腫瘍]
耳の基礎知識
 ・急性中耳炎(子ども)
 ・滲出性中耳炎(子ども)
 ・難治性・反復性中耳炎
 ・幼児難聴(子ども)
 ・新生児上顎洞炎(子ども)

 ・細菌感染で中耳炎が起こる
 ・小児難聴原因:出性中耳炎
 ・幼児性難聴と発音異常の原因
 ・幼児性難聴と言葉発達の関係

メマイを伴なう症状(子ども)
 ・子どものめまいの実際
 ・先天性眼振:無意識に目が動く
 ・起立性循環調節障害(脳貧血)
 ・心因(精神)性のメマイ
 ・有機溶剤中毒(シンナー中毒)
耳の基礎知識
 ・耳の仕組み・働き
 ・耳の検査
 ・音の聞こえる仕組み
耳の特集

 ・補聴器について
 ・補聴器の快適な使用法について
 ・補聴器を使う前に留意すること
 ・人工内耳について
 ・人工中耳について
 ・手術が必要な中耳炎について


難聴と言語障害
 ・言葉の遅れと難聴について
 ・失語症と失声症
耳の基礎知識
メマイを伴なう耳の病気
 ・メニエール病の歴史
 ・人気歌手も苦しむ突発性難聴
 ・特定の姿勢で起こるめまい
 ・低血圧時の良性頭位眩暈症
 ・激しいめまいの前庭神経炎
 ・中耳炎の難聴合併症の内耳炎
 ・前庭神経にできる聴神経腫瘍
 ・職業性難聴の2つの障害
メマイと加齢
 ・めまい症状と加齢の関係性
 ・メニエール病の初発の高齢者
 ・めまいも起こす頸椎の老化
 ・難聴の二つのタイプ
耳のコラム
 ・お医者さんの道具・額帯鏡
 ・硬い耳垢(あか)と軟らかい耳垢
 ・ゴッホと耳鳴り
 ・ベートヴェンと難聴
 ・乗り物酔いの対処法
 ・耳科医メニエールの歴史
 ・小林一茶と耳鳴り

聴神経腫瘍B基本的な治療法・注意事項

 

治療

手術か放射線治療かを患者さんの希望に応じて行う

  聴神経腫瘍の治療法には、手術と放射線治療があります。基本的には、腫瘍が小さいうちに、手術で取り除くのが望ましいのですが、手術後に、後遺症が出る場合があるため、患者さんの希望で、放射線治療を行う場合もあります。しかし、放射線治療は、本来、がんなどの悪性腫瘍に行う治療であり、聴神経腫瘍のような良性腫瘍に、放射線を照射することには問題もあります。
 手術にも、放射線治療にも、それぞれ難点があるので、患者さんの年齢や状態、体力などを考慮し、患者さんの希望に応じた治療法を選択することになります。

難聴

  • 手術

 全身麻酔をかけて、腫瘍を摘出します。手術は、耳鼻咽喉科と脳神経外科医が、チームを組んで行うほか、脳神経外科医が単独で行うこともあります。また、腫瘍が小さければ、耳鼻咽喉科だけで行うこともあります。
 聴神経腫瘍は良性腫瘍なので、完全に摘出すれば、再発の心配はありません。ただし、聴神経腫瘍が、顔面神経や三叉神経、周囲の血管などに癒着(ユチャク)している場合は、手術後に、顔面神経麻痺(マヒ)や聴力障害などの後遺症が現れる場合があります。
 腫瘍が小さければ、手術による後遺症が起こる可能性は低いのですが、腫瘍が大きくて、手術後の後遺症の発生が考えられる場合は、神経や血管に癒着している部分を残して、腫瘍を摘出することもあります。

  • 放射線治療

  良性腫瘍に行う場合は、腫瘍だけに放射線が照射されるよう、コンピュータで計算して、放射線量を減らします。しかし、放射線の影響を完全になくすことは不可能で、将来、顔面神経麻痺や聴覚障害、脳腫瘍といった放射線障害が、現れてくる可能性があります。特に若い人の場合は、この点をよく考慮する必要があります。
 また、放射線治療では、腫瘍が大きくなるのをある程度防ぐことはできますが、消失させることはできません。放射線治療中、腫瘍が大きくなる場合は、手術をして摘出することになります。ただし、放射線治療を行ったあとの手術は難しく、残っている聴力や顔面神経の機能などを、保存することが困難になります。

  • 経過観察する場合

  聴神経腫瘍は良性腫瘍なので、急に大きくなることは多くありません。高齢者で、腫瘍が小さく、聞こえが悪い場合には、経過観察を行います。経過観察中に腫瘍が大きくなってきた場合は、手術や放射線治療を行います。手術法は、内耳を経由する耳鼻咽喉科医の手術が侵襲が少ないと思います。

難聴

注意すること

治療法はデメリットも確かめて選択し、経過チェックを欠かさない

  手術と放射線治療を比べた場合、治療が簡単な放射線治療を選択する患者さん多いようです。しかし、放射線治療を行っても、効果がなければ、結局は手術をします。また、どちらにも後遺症の可能性があります。経過観察中も難聴は徐々に進行していきますから、片側の耳の聴力が失われるという心配もあります。治療法を選択する場合は、こうしたデメリットもよく確認することが必要です。
 また、経過観察中の患者さんの20%程度は、急に腫瘍が大きくなるという問題もありますから、経過観察中は、定期的に検査を受けることが大切です。

 

◆聴神経腫瘍に関する記事一覧◆

◆他に役に立つおススメ記事◆



☆耳の基礎知識☆
 ・耳の仕組み・働き
 ・耳の検査
 ・音の聞こえる仕組み

☆耳の特集記事☆

 ・手術が必要な中耳炎について
 ・補聴器について
 ・補聴器の快適な使用法について
 ・人工内耳について
 ・人工中耳について
☆よく読まれている記事☆
 ・難聴[重度:聞こえない]
 ・難聴[軽度:聞こえにくい]
 ・耳鳴り[耳鳴(じめい)]がする
 ・めまい、 ・ふらつく、よろめく

 ・メニエール病
 ・突発性難聴、 老人性難聴
 ・ロック難聴(ディスコ難聴)
 ・良性発作性頭位めまい症
 ・耳鳴り(耳鳴がする)



RSS

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com

花粉症.COM
花粉症・花粉に係る鼻炎などの対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
hanamiju.com/kafun
本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・